志望動機を上手に書くポイント|志望動機の例文をチェックして当日に備えるべし

志望動機を上手に書くポイント

文房具

ダメな書き方を把握する

よくある志望動機の書き方に、結論を最後に書くという方法があります。文章にまとまりがあるので、上手く作成されているように見える場合もありますが、結論を先に書かないと作成者の意図がわからなくなります。読み手に志望動機をしっかり伝えるためにも、結論は最初に書きましょう。

文章を分かりやすくするには

読み手にわかりやすく志望動機を書くためには、ただ最初に結論を書けば良いというものではありません。なぜ貴学を志望するのか、書き出してから詳しい理由について書いていきましょう。

志望動機をより上手く書くコツ

人によっては最初に結論を書いても、内容が上手くまとまらないという場合があります。そのような時には、志望動機のクオリティを高める方法を使いましょう。例えば、大学に入りたいことをアピールするためには、具体的な目的が必要です。「貴学に入学し、法学部で学んだ際には法律について研修したい」と書けば、入学後のビジョンについて明確に伝わるため、合格率が上がりやすくなります。また、参考になるような例文もネットや参考書に載っているのでチェックしておくと、より相手に伝わりやすい文章が書けます。

広告募集中